糖尿病療養指導士 求人

糖尿病療養指導士とは

 

糖尿病療養指導士,求人,転職

糖尿病療養指導士とは、一般的にCDE(Certified Diabetes Educator)と呼ばれています。医師と共に、糖尿病患者の自己管理を指導する医療スタッフのことなんです。糖尿病というのは、とにかく患者自身の自己管理がとても重要になってくる病気なのです。

 

糖尿病療養指導士は、糖尿病と療養指導に関して幅広い知識を持っています。日本では看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士に受験資格があるのですが、アメリカ、カナダ、韓国では医師でもこの資格を取得できるのです。

 

日本では糖尿病療養指導士の試験は、2001年の3月に第1回認定試験が開催されました。まだまだ新しい資格なのです。アメリカ、カナダ、オーストラリアでは、1970年代初頭より糖尿病療養指導従事者の認定が検討されており、1986年には制度が発足しましたから、それと比べると日本は遅れていると言えます。

 

しかし、糖尿病療養指導士に認定されたということは、糖尿病の生活指指導のエキスパートであると認められたことを意味しています。医療というのは日々進歩していますから、資格に合格できたとしても、実践と研鑽をきちんと重ねていき、最新の知識と技能を身に着けなければいけないのです。

 

このため、5年に1度は糖尿病療養指導士は認定試験を受け更新をしないといけません。更新するためには、実務経験と新たな症例の経験に加え、講習や研修を受けないといけないため、一度合格できたからといって、それで終わりではないのです。


 

糖尿病療養指導士になるには

 

糖尿病療養指導士になるには日本糖尿病療養指導士認定試験を受けないといけませんが、受験資格を満たしていないといけません。

 

まず、看護師、栄養管理士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士のいずれかの資格を持っていないといけないのです。また、常勤か非常勤の日本糖尿病学会の専門医か、日本糖尿病学会の会員で糖尿病の診療や療養指導を行ったことがある常勤の医師に糖尿病療養指導について指導を受けている必要があります。

 

さらに、その病院で外来の糖尿病患者の診療が普段から行われていることと、糖尿病の患者教育と食事指導がおこなれていないといけません。これらの条件を満たしている医療施設に、現在もしくは過去の10年以内に、2年以上継続して勤務していないといけないのです。さらには、糖尿病患者の療養指導業務に、通算で1000時間以上従事し、指導をおこなった経験がないといけないのです。

 

またこれだけでなく、糖尿病療養指導業務に従事していた間、その自験例が10例以上なければならず、さらに日本糖尿病療養指導士認定機構が開催している講習会を受講して、受講終了証を取得していないといけないのです。

 

上記の内容をすべて満たしていないと、日本糖尿病療養指導士認定試験を受けることはできません。また、産前・産後休暇や育児休暇、さらに病気・介護休職などで仕事を休んでいた期間というのは、業務従事期間に含めることはできません。しかし、その前後の期間は継続しているものとみなされ、合算することができます。

 

糖尿病療養指導士の給料相場

 

糖尿病療養指導士,求人,転職

糖尿病療養指導士の資格を持っていると、給料が周りの同僚と比べて大幅にアップするかと言えば、そういうわけでもありません。しかし、病院にもよるでしょうが、資格手当が支給されることはあります。だいたい、3000円から5000円くらいが相場のようです。

 

転職の際に糖尿病療養指導士の資格を持っていれば、かなり有利になるでしょうし、その際に給料の高い職場に転職することもできるかもしれませんね。また、資格を持っているからということで、交渉次第では求人情報に提示されていた金額よりも、給料がアップするということもあり得るかもしれません。この場合の交渉は、転職サイトのコンサルタントにお願いすればほぼ間違いないでしょう。

 

糖尿病療養指導士は、医師の指導の下で仕事をしないといけませんから、病院やクリニックが主な職場となります。ほかにも、介護施設や福祉施設でも働くことができるでしょう。さらには、歯科医院や調剤薬局にも活躍の場が広まっているようです。

 

糖尿病の周知徹底が重要であると考えられているからなんです。日本における糖尿病患者の数は、なんと690万人もいるとされています。さらに、糖尿病の可能性がある人というのは1370万人もいるんです。10人に1人が糖尿病の恐れがあるということなです。

 

これだけ糖尿病患者が増えているわけですから、糖尿病療養指導士というのはとても重要な資格と言えます。まだまだ糖尿病患者に対して、日本は満足な医療を施せる状態ではありません。なので、今後ますます糖尿病療養指導士は必要となってくると言えるでしょう。


 

糖尿病療養指導士の求人が豊富な薬剤師転職サイト

糖尿病療養指導士,求人,転職

糖尿病療養指導士はキャリアアップを目指す薬剤師や看護師に非常に人気のある資格です。

 

主な職場は病院やクリニックで、生活習慣病外来や糖尿病専門外来も沢山ありますから活躍の場は広いといえます。
それ以外にも高齢者向けの介護施設、福祉施設、さらには調剤薬局や歯科医院などでも有資格者は重宝されます。

 

これまでも糖尿病患者は年々増加してきましたが、今後もその傾向は続くでしょう。
ですから非常に需要が高く将来性のある職種になります。

 

このような状況ですので、糖尿病療養指導士の資格を既にお持ちの方は、かなり有利な条件で転職することが可能です。
ただし糖尿病療養指導士の募集は公開されていることが少なく、医療系求人サイトの非公開求人として扱われることがほとんどです。
ですから資格をお持ちの薬剤師さんは薬剤師求人サイトを通して転職するようにしましょう!

 

 

「まだ資格はないけれどこれから取得したい」という方は、働きながら取得をサポートしてもらえる病院もあります。転職先を探す時は、糖尿病療養指導士の資格を取得したい旨を転職サイトのコンサルタントに伝えておきましょう。「糖尿病療養指導士の資格取得可能」となっている転職先を選べばキャリアアップにつながります。

 

では糖尿病療養指導士の求人が豊富な薬剤師転職サイトをいくつかご紹介しましょう。


糖尿病療養指導士に強い薬剤師求人サイトランキング